コニー・フランシス : Connie Francis

コニー・フランシス(Connie Francis、1938年12月12日 – )は、アメリカ・ニュージャージー州ニューアーク出身の歌手・女優。イタリア系。本名Concetta Rosa Maria Franconero(コンチェッタ・ローサ・マリア=フランコネロ)。

1958年にリリースされた「Who’s Sorry Now?」が大ヒットしてからは、1960年代前半にかけてヒット曲を連発。
1961年には「Together」がヒットし、『ビルボード』誌のアダルト・コンテンポラリーのシングルチャートで女性として初めて1位を獲得した。

世界各国でヒット曲がカバーされており、日本では弘田三枝子や中尾ミエなどがカバーしヒットしたことで知られる。

コニー・フランシスの代表曲

・ヴァケイション(Vacation)
1962年7月発売。ビルボード最高9位。ステレオ録音。同年に青山ミチ、伊東ゆかり、金井克子、弘田三枝子、安村昌子らによる競作でカバー。弘田三枝子盤が20万枚、青山ミチ盤が3万枚のヒットとなる。2002年、映画『ナースのお仕事ザ・ムービー』主題歌として観月ありさがカバー(「朝倉いずみ with ナースのお仕事」名義)。

・フーズ・ソリー・ナウ(Who’s Sorry Now?)
1958年2月発売。ビルボード最高4位。自身初のミリオンセラー。モノラル録音。この曲が無ければ、後年の大スター“コニー・フランシス”も無かった。まさに、彼女の人生を変えた曲である。
・ボーイ・ハント(Where The Boys Are)
1961年1月発売。ビルボード最高4位。ステレオ録音。
・カラーに口紅(Lipstick On Your Collar)
1959年5月発売。ビルボード最高5位。ステレオ録音。
・泣かせないでね(Don’t Break The Heart That Loves You)
1962年1月発売。ビルボード最高1位。ステレオ録音。
・間抜けなキューピッド(Stupid Cupid)
1958年7月発売。ビルボード最高14位。モノラル録音。
・アモング・マイ・スーベニル(Among My Souvenirs)
1959年11月発売。ビルボード最高7位。モノラル録音。
・マイ・ハピネス (My Happiness)
1958年11月発売。ビルボード最高2位。ステレオ録音。
・アイム・ソーリー・アイ・メイド・ユー・クライ(I’m Sorry I Made You Cry)
1958年4月発売。ビルボード最高36位。モノラル録音。
・可愛いベイビー(Pretty Little Baby)
アメリカではシングル発売されておらず、日本独自のヒット曲である。ステレオ録音。
1962年に中尾ミエ(ビクター)、森山加代子(東芝)、沢リリ子(テイチク)、後藤久美子(コロムビア)の4社競作でカバー。中でも中尾ミエ盤が一番売れた。
・夢のデイト(Someone Else’s Boy)
日本独自のヒット曲。
・ロリポップ・リップス(Lollipop Lips)
アメリカでは発売されず。日本独自のヒット曲。渡辺トモコや「九重佑三子とダニー飯田とパラダイス・キング」が競作でカヴァーした。
・大人になりたい(Too Many Rules)
1961年発売。ビルボード最高72位だったが、日本では伊東ゆかり、後藤久美子などの歌で大ヒットした。

  • コメント: 0

関連記事

  1. リトル・エヴァ : Little Eva

  2. ドリス・デイ : Doris Day

  3. ニール・セダカ : Neil Sedaka

  4. ポール・アンカ : Paul Anka

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2013年 4月 20日
    トラックバック:100 Oldies.com
  2. 2013年 8月 16日
    トラックバック:100oldies.com – 100PopStar.com